AGA・薄毛治療でクリニックを選ぶポイント

AGA・薄毛治療を行っているクリニック(病院、医院、治療院)にも様々あります。中にはあまりおすすめできないところも。当サイトでは、薄毛治療でクリニックを選ぶときに、どんなポイントをチェックしたら良いのかを解説します。また、そのポイントを基準に厳選したおすすめのクリニックを紹介!

AGAクリニックを選ぶときにチェックするべきポイントはいくつかあります。
発毛効果がある治療なのか?
治療の費用・料金
安心度(高額の請求をされない、医療ローンを組まされない)
安全度(専門の医師による治療か?中には専門でないことも)
医院の通いやすさ

発毛効果が期待できる専門クリニックでのAGA・薄毛治療

AGAとは男性型脱毛症のことで、成人男性の薄毛の多くがAGAであると言われています。 薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)であると広く知られるようになり、専門のクリニックや病院で薄毛治療や発毛治療を受けるのが一般的になってきました。

AGA治療が知られるようになる前は、薄毛の改善と言えば育毛剤を使うことでした。しかし、育毛剤を使って頭髪の状態が改善したという人よりも、効果を感じなかったという人のほうが多いのではないでしょうか。自分の薄毛の原因や頭皮の状態が分からないまま、原因に対処出来ない育毛剤を使っていることが多いからです。また、そもそも効果があるかどうかも分からない育毛剤も存在します。
AGAと言っても、人それぞれ原因は異なります。遺伝、男性ホルモン、生活習慣、ストレスなど複数の原因が複雑に関係しているからです。AGAを治すには、検査をして脱毛の原因を正確に知ることが大切です。それにより適切な治療を行えるようになるからです。

育毛剤で効果を感じられなかったという人が最終的にAGAの治療を受けています。AGA治療の場合は、まず詳しい検査を行い脱毛の原因を調べてから、その人に合った治療を行います。治療に使われるのは、正式に発毛効果や育毛効果があると認められている医薬品等を用います。ですから発毛効果が期待できるのです。ただし、薄毛治療を専門に行っている医院やクリニックに限ります。専門でない一般病院では、プロペシア等の薬を処方するだけで専門的な治療を行っていないことが多いからです。AGA治療を専門に行っているところでは、薬を処方するだけでなく専門の医師が一人ひとりの患者に合った治療を行います。医院やクリニックによっては、ほとんどの人が発毛効果を実感しているところもあります。

専門の医師が直接治療するので、育毛剤と比べると少し料金は高くなります。しかし、ほとんど効果が期待できない育毛剤を使うよりは格段に満足できるでしょう。AGAは放っておくと徐々に進行してしまうので、なるべく早い段階で治療を始めた方が効果が期待できます。

AGA・薄毛治療で病院・クリニックを選ぶポイント

治療の発毛効果・育毛効果
AGAクリニックによって治療内容や効果が全く違います。発毛や育毛の効果が高いAGAクリニックは?
治療費・料金
薄毛の治療は月数千円程度のものもあれば、トータルで100万円以上かかる治療法もあります。適切な治療費のAGAクリニックは?
治療の安全性、環境の安心度
AGA治療の中には針を使ったり、外科的な手術をするものもあります。安全性の高い治療法は?

AGA・薄毛治療でおすすめのクリニック

AGAスキンクリニック
全国規模の専門発毛病院

ベーシックプラン(プロペシアを用いた発毛治療)は初回4,200円から始められます。オリジナルプラン(オリジナル発毛薬Rebirthでの治療)は14,000~36,000円です。
頭皮に直接発毛有効成分を注入することで高い効果を発揮するDr'sメソ治療(AGAメソセラピー)も行っています。
薄毛治療の専門院としては最大規模の50院(提携院含む)なので通いやすいクリニックです。
ヘアメディカル
国内最大手のAGAクリニック

月間15,700人以上が来院する国内最大手のAGAクリニックです。 一般的な薄毛治療は薄毛の進行を遅らせる程度ですが、ヘアメディカルは発毛治療を行っている専門医です。 各医院の院長は薄毛治療専門医としてテレビ出演もしており、知名度・治療実績とも抜群! 薄毛治療の効果、治療費、専門医による安全な治療など、総合的に見てポイントの高い医院です。
銀座総合美容クリニック
ノーニードルのメソセラピーを実施

銀クリとしてお馴染みの銀座総合美容クリニック。
プロペシア(フィナステリド)だけではない総合的発毛治療を行っています。針を使わない育毛メソセラピーを行っているので、メソセラピーを受けたいけど痛いのは嫌という方におすすめです。
明確な料金体系を提示。安心して通える治療費設定です。

AGA治療の方法

AGAの治療には様々な方法があり、どの方法が良いのかは人それぞれです。 例えば、今ある毛髪を維持したいという人もいれば、薄くなった部分を育毛して積極的な発毛治療を受けたいという人もいるでしょう。 AGAの治療にはどんなものがあるのかを知り、自分に合っているのはどれなのかをじっくり考えてからクリニックに通うようにしましょう。主なAGA治療には薬を使う治療、育毛メソセラピー、HARG療法、自毛植毛などがあります。

AGA治療薬による発毛治療

最もメジャーで人気があるのは薬によるAGA治療です。AGA治療薬にはいくつか種類があり、それぞれの薬で効果や特徴が違います。目的によって使い分けたり、組み合わせて処方するAGAクリニックも多いです。AGA治療薬は一般病院でも処方できますが、適切な治療を受けるためには薄毛治療専門のクリニックに通う方が良いです。代表的なAGA治療薬にはプロペシア、ミノキシジル、ザガーロなどがあります。それぞれについて簡単に説明します。

プロペシアの効果

現在のAGA治療薬において代表的なものの一つとなっているのがプロペシアです。錠剤中にはフィナステリドとよばれる物質が0.2mgもしくは1.0mg含まれており、これがAGAが原因で起こる薄毛の進行を遅らせる効果をもたらします。 医薬品を種類分けしたとき、フィナステリドはその作用から5α還元酵素2型阻害薬に分類されます。男性の体内にあるテストステロンと呼ばれるホルモンは、5αリダクターゼと結合するとDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる別のホルモンに変化します。この酵素には1型と2型があり、2型と結合してできたDHTは頭部にあるアンドロゲンレセプターと結合し、毛母細胞にこれ以上細胞分裂を繰り返すのをやめるよう命令を出す伝達物質を放出します。この働きによって短期間で毛髪の成長が止まり、抜け落ちていく状況が続くと起こるのがヘアサイクルの乱れです。プロペシアの作用は2型の5αリダクターゼの働きを妨げるだけですが、この還元酵素を阻害することはテストステロンとの結合から始まる薄毛に向かう一連のプロセスを断つことにつながります。

ミノキシジルの効果

AGA治療薬においてプロペシアと並んでよく用いられるのは、ミノキシジルと呼ばれる物質が含まれている薬です。ミノキシジルが元々持っている効果は血管を拡張することで血流を改善して血圧を下げるというものですが、降圧剤として発売されてしばらく経った頃に発毛を促進させる効果があることが明らかになったため、AGAをはじめとする脱毛症の治療薬としても用いられるようになりました。 ミノキシジルの育毛効果については長い間、頭部の毛細血管が拡張される作用によって、亜鉛やタンパク質、ビタミンなどといった毛髪の生成に必要となる栄養素が毛乳頭細胞に運ばれやすくなることが理由といわれてきていますが、近年はミノキシジル自体にVEGF(血管内皮細胞増殖因子)とFGF-7(発毛促進因子)の働きを高める作用があり、これが毛髪の生成を促していると主張する研究者もあらわれており、メカニズムは未だにはっきりと解明されていません。しかし、育毛効果があることは確立されているため、薄毛治療において積極的に用いられています。

ザガーロの効果

ザガーロは、2015年9月に厚生労働省から承認され、翌年6月に販売が開始された新しいAGA治療薬で、カプセル内にはデュタステリドと呼ばれる物質が含まれてる薬剤が封入されています。 ザガーロの効果はAGAの進行を遅延させるというもので、これ自体はプロペシアの有効成分であるフィナステリドと同じです。しかし、フィナステリドが作用するのは2型の5αリダクターゼのみなのに対し、デュタステリドは1型と2型の両方を阻害することができるのが大きな違いです。また、2型5αリダクターゼの阻害効果についても、プロペシアよりザガーロの方が大きいという臨床実績があることがザガーロの添付文書内で説明されています。 現在、5αリダクターゼは2型の方が深くAGAの発症に関与しているといわれているため、プロペシアを選んでも十分にAGAの改善効果を望めますが、より確実にAGAを改善させたいと考えている場合は、新薬であるザガーロで治療を試みるのも有力な選択肢となるでしょう。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーとは発毛の有効成分を頭皮に直接注入する方法になります。頭皮に注入する成分は、AGAの直接的な原因となる活性男性ホルモンを発生させる酵素の働きを抑えるフィナステリドや、頭皮の毛細血管の血液の流れを改善させるミノキシジル、髪の毛が成長するのに必要となる信号を発信するVEGFやIGFなどといった成長因子などです。

自分に合っているかが分からないまま頭皮に塗布するだけの育毛剤などとは異なり、育毛メソセラピーはAGA治療を専門とするクリニックに在籍しているAGAの症状がある患者さんをたくさん診察してきたお医者さんが調合した成分を直接頭皮の奥の方に注射器などを使って注入するためAGA治療に非常の効果的な方法となります。

とはいっても即効性がある訳ではないのでフィナステリドを主成分とした内服薬の服用する治療と併行しながら、およそ1ヶ月に1度ぐらいのペースで施術を行い、およそ6ヶ月ぐらいの期間をかける必要があるのです。

HARG療法

HARG療法には幾つかの効果がありますが、その1つがHARG療法の最も大きな特徴である、幹細胞から抽出されるAAPEという成分により細胞を活性させる効果になります。幹細胞は色々な細胞に分化することによって器官や組織を構成し成長させることが可能な細胞で、そのような性質から身体から失われた機能や器官を回復させることが目的である再生医療の分野で重要な位置を占める存在として、かなり注目されているのです。

HARG療法では抽出された成分であるタンパクAAPEを利用します。タンパクAAPEにたくさん含まれている各種の細胞成長因子が働きが衰えた毛母細胞を活性化させて発毛を促進させるのです。細胞成長因子の髪の毛を成長させる信号が伝わることによって、休止期にあった毛母細胞がもう1度成長期に移行して、成長期にある毛母細胞は更に活性化することになります。このように髪の毛どころか身体の重要な組織をも再生させる方法なので充分に高い効果を得ることが期待できるのです。

自毛植毛

自毛植毛手術は髪の毛が薄くなってしまった部分に後頭部や側頭部などの、まだ生えている自分の髪の毛を移植する手術のことを指します。植え込むことになる後頭部や側頭部に生えている髪の毛は活性男性ホルモンが発生しにくい性質を持っているので定着すると、まだ生えている部分と同じように生えてくることになるのです。

手術費用が高額であるというデメリットがありますが、自毛植毛手術自体は日帰りで受けることができるので即効性がある薄毛対策の方法であるということができます。しかも植え込んだ髪の毛1本あたりの定着率は9割を超えているので、植え込んだ髪の毛のほとんどがまた生えてくることを期待できる薄毛の症状に対して非常に効果が高い方法であるということが可能です。

手術費用に関しても、植え込む髪の毛の本数や手術方法によって違ってきますが、およそ100万円ぐらいかかることになるのですが、手術を受けたその日に効果を得られるので毎月薄毛治療に数万円かけ続けるより経済的な負担が少なくなる可能性もあります。

AGA(男性型脱毛症)の解消には、AGAクリニック(薄毛治療専門の病院)での治療が効果的。育毛剤とは違い正式に発毛効果が認められている薬などで発毛治療を行います。今まで育毛剤を使っても効果が感じられなかったという方が最終的にAGAクリニックでの薄毛治療を行っています。